真珠の市が始まりました

真珠は冬になり、水温が下がると表面にニスを描けたように光沢がのってきます。 
俗に’照り’といわれ真珠の命だと思います。
照りは水温が下がることにより真珠層が柔らかい層からか硬い層へと変わっていき、それが光沢となるのです。
 
寒いのに冬に採集(玉を取り出す)する訳は、そこにあります。
知ってました?

また、固い層により真珠自身を守る事にもなります。 

でも、素晴らしい照りを出すのは、簡単な事ではなく、貝や潮の状況で大きく左右されるのです。

真珠の市も始まりました。
今年の傾向は・・・   どうなんでしょうか?

家は少しでも照りを出したくて正月開けになります。

"真珠の市が始まりました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント