真珠話その4

前回、日差しが暖かくなってきました、といいましたが訂正したくなるほど今日は雪が舞うこの冬一番の寒さでした

先日、磯部にある‘道の駅’から撮ったものです
的矢湾とスペイン村が見えているんですが、、、何処に?
画像

真珠の話その4
家のお隣さんは‘玉入れ名人’と申しましたが
玉入れ名人といえども玉の良し悪しが左右されてしまうものに自然と母貝がある

20年ほど前は玉入れする貝はほとんどが愛媛県から買っていたのですが、10年ほど前にあちこちに、採苗センターが出来てからは赤ちゃん貝から飼う様になりました
今や三重県だけでも10箇所以上の採苗センターがあるでしょうね

貝の種類も日本系、中国、ベトナム、ペルシャ
最高級のリゾート地‘ドバイ’のもあったりして、、、

多種、多様のこの親で、自分にあった貝を選ぶわけですが
人気がある貝でも良質の真珠が出るのは3年と持たない事が多くて、みんなにそばえて、育ててみると、もうその頃は、大したことはない貝になっていたりする

今年にいたっては、ある種の貝の玉が非常に悪いらしく大変な人達がいるらしい

何処のどの親を選ぶかは‘自由だ~’なんだけど
その貝が当りか外れるかは3年後でないと分からないのだ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック